さいたま市の注文住宅、古民家、リフォームの事なら小川工務店へ。安心の保証制度も万全です。

新築住宅は当社にお任せ下さい、
安心の保証制度も万全です!

株式会社 小川工務店 048-855-8058

耐震リフォーム

「自分の家は安心」と思い込んでいませんか?

地震は「対岸の火事」ではありません。地震列島の日本では、いつどこで地震が起きてもおかしくないのです。もしものときに、自信を持って「我が家は大丈夫」と思える本当の安心を手に入れましょう。

まずは耐震診断で、建物の現状を知ることから

「耐震診断」とは、地震がきた時に建物にどれくらいの被害が出るか、その可能性を調べることです。 耐震診断によってわかった弱点に対して、的確な耐震補強リフォームを行いますので、この耐震診断は非常に重要になります。建物の築年数や老朽化・地盤・基礎・形状などから、耐震性能を割り出します。 まずは耐震診断で、ご自宅の現状を知っておくことをお勧めします。

耐震リフォーム

耐震リフォームの流れ

上手な耐震リフォームの進め方

耐震リフォームをご検討されている方で、今ひとつ踏み切れない理由として、「一度に家全体のリフォームをするのは、予算的にも難しいなぁ」ということがあるようです。もちろん、すぐに全ての耐震補強を行えればベストですが、そういうケースのほうが少ないもの。部分的な耐震リフォームであっても、必ず地震に対する耐久力は高くなりますので、1箇所ずつでもお気軽にご相談いただきたいのです。できる範囲で1年に1箇所ずつ耐震リフォームをする、これが上手な耐震リフォームの進め方と言えるでしょう。

まずは屋根から

1箇所ずつリフォームするとして、どこから補強するべきかと聞かれたら「屋根にしましょう!」とお答えします。瓦の屋根は、実は大変な重量があります。建物も上が重いとバランスが悪くなり、揺れに対して不安定になります。また、重い瓦が外れたり割れたりすることもあり、二次災害の可能性もあります。屋根を合金製の軽い材質にするだけで、地震に対する安定感がかなり増します。「ガルバリウム」という合金が使われているのですが、ステンレス55%、鉄45%でできており、軽く、長持ち、その上錆びにくいという利点があります。

もう1箇所できるなら、外壁も一緒に

屋根の修繕を行うには、足場が必要になります。安全な施工と作業の効率化のためにしっかりと組む必要があります。足場を組むために必要なコストは、お客様にご負担いただいております。「足場代」とするかどうかは別にして、職人を動かす以上、お客様からいただく費用内でやりくりすることには変わりません。業者からすると言いにくいことではありますが、弊社では正直にお伝えしています。この足場、実は外壁の修繕の際にも同様に必要になります。屋根と外壁を一度にご依頼いただくことで、足場を組むのが1回で済み、その分だけ費用を抑えることができるのです。もし、将来的に外壁も修繕されるお考えであれば、「屋根と外壁をまとめてやる」ことをお勧めします。

施工事例BLOG

自然素材住宅

木の優れた様々な性能をご紹介

オール電化住宅

快適なローコスト住宅をご提案

こだわりの新築住宅自然素材住宅オール電化住宅耐震リフォーム住宅増改築リフォーム
外構・エクステリア古民家再生住宅よくあるご質問会社案内資料請求・お問い合わせ

Copyright(c)株式会社 小川工務店 2009 All Rights Reserved.